デイジーの咲く家で

🌼d a ♡i♡ s y 🌼

息子*小学5年生 あゆみ

今日は息子小5のときのあゆみと成績。

 

小1~小4のあゆみ・成績と大まかな成長記録はこちら。

 

www.daiiiisyhome.fun

www.daiiiisyhome.fun

www.daiiiisyhome.fun

www.daiiiisyhome.fun

 

小学5年生。

この年は、私の学生生活も含め知り得る先生の中でも忘れられない先生が息子の担任となりました。

悪い意味でね(笑)

 

クラス替えの日。

帰ってきた息子の落胆ぶりもさることながら。

偶然会ったクラスのお母さんから担任の背びれ尾ひれがついたような噂話を延々と聞かされた。

 

普段、仕事でも誰かは誰かの悪口を言って、その誰かはまた違う誰かの悪口を言って、またその誰かはさらに別の人の悪口を言う…

なんて、おばちゃんだらけの職場ではありがちで。

その手の話を聞いたり、私はこんな一生懸命がんばってるのに何で分かってくれないんですか…的な涙する話を大声で聞かされるのに辟易してる私は。

 

あまり、その手の話は信用しないようにしているし。

職場なら、お互い給料が発生してるわけで。

その愚痴を言う時間も聞く時間も、やるべきことは他人の悪口を聞くことではないので、何気に、華麗に、時にはあからさまに引きつった笑顔でスルーする。

(めんどくさいんじゃ!)

 

でも、そこはわが子が毎日通う学校。

まぁ。他のお母さん方の噂話は話半分で聞いても、息子の落胆ぶりを見ればすぐに雰囲気がよくないクラスなんだと分かった。

 

 

息子*小学5年生 あゆみ

f:id:fanfan-animals:20180721170608j:imagef:id:fanfan-animals:20180721170632j:image

 

f:id:fanfan-animals:20180721170649j:imagef:id:fanfan-animals:20180721170701j:image

 

f:id:fanfan-animals:20180721170721j:imagef:id:fanfan-animals:20180721170734j:image

 息子自身も、日々愚痴を言う回数が多くなり、4年の時のように朝早く登校して目一杯遊んでやろう!と言う様子は途端に影を潜めた。

何がそんなにイヤなのか。

何が子供のやる気や前向きな気持ちを阻害するのか、私が毎日授業を受けてるわけではないので息子の話から想像するしかないのだが。

 

この先生、きっと"生徒を支配したいだけ"なんだと感じた。

 

例えば、学級代表。

普通は、学期毎に決める。

子供たちは学期を過ごす事で友だち関係を深めたり、興味があれからこれに移ったりと日々変化して関係性も変わってくる中で。

その都度、話し合いの中で決めるものだと思っていた。

 

でも、この先生はクラス替えの初日に3学期までの代表を決めてしまった(ある意味効率的だけどねー)

 

うちの小学校の運動会は先生がみんなお揃いのポロシャツを着ているが、この先生だけは着ない…。(だから何?だけどw)

 

そして、許可がなければ扇風機のスイッチも入れたらダメだし。

定規も、シュッと2倍に伸びるタイプだと音が邪魔との理由で禁止。

先生に意見する子が現れると"連帯責任"と称して全ての授業が止まり説教が始まる。

それが、隣りのクラスとの合同のプールの授業前でも隣りのクラスを待たせてまで説教を優先。

隣りのクラスもとんだとばっちりだ。

 

その頃、クラスの男子が1人毎日私の出勤時間(9時前)に登校するようになっていた。

息子に聞くと、1番先生に反発していた子だ。

 

もしかしたらご家庭に問題を抱えていたのかもしれないが(校長はじめ幹部がお宅にお邪魔してるのを見た…)

他の先生なら、毎日あんな暗い顔で遅くに登校することも無かったかもしれないし。

多分私も含めて、大抵の子供は家で大人の理不尽な部分を多かれ少なかれ見てるはずだ。

それが学校でもそうだったなら、そればかりだったら…。

最初は反発しても、そのまま反発し続けるか。

諦めて長いものに巻かれるか。

 

その2択になってしまうと思う。

 

そのお子さんは反発し続けて。

きっと息子は長いものに巻かれたのだろう。

 

1学期、先生のあゆみの生活欄の評価から3学期の評価の変化を見るときっとそうなんだろう。

 

4年生までに段階を踏まえて成長していた息子はどう感じたんだろうか。

その当時、学校のことを嘆く息子に。

"大人になっても人の考え方、捉え方、行動の仕方はひとそれぞれで、全体の利益を優先する人、個人の利益を優先する人、協力的な人、非協力的な人、本当に様々。先生になったからって完璧な大人ではないし、無職だからって完璧じゃないわけじゃない。世の中には色んな人が居るって分かって良かったじゃん。今はそんな勉強をする時なんだよ。中学とか大事な時期の前に大人の色んな面を見れるなんて、良かったじゃん。まぁ、思う事は色々あるかもしれないけど、今はそんな時期なんだねぇ"

みたいな事を度々言ってた。

 

息子の前であからさまに先生を非難はできないし、したくもなかった。

話を聞いて理不尽だと思った事もあるが、笑って"そう来たか!"と笑い話で済ませた。

 

ちょうど息子が落ち着いてた頃にこの先生に当たって良かったかもしれない。

もし、まだ周りを冷静に見れない状況や分かっていても感情と理性を上手く子供なりに処理できない時期なら、そんなあからさまな理不尽な先生願い下げだ。

 

とにもかくにも。

学校と言う場所で大人の色んな面を見てしまった5年生時代。

この子達がそれをどんな形でも人生の糧にしていれば良いなと切に願う。

 

全国標準学力テスト

f:id:fanfan-animals:20180721170900j:image f:id:fanfan-animals:20180721170911j:image

今回は理科があった。

息子、満面の笑みで国語と理科を示す。

 

いやいやいやいや。算数‼︎

 

でも、算数はきっと凡ミス。

それより国語を褒めてやった5年生。

 

よく頑張った5年生。お疲れさま〜( ̄▽ ̄)