デイジーの咲く家で

🌼d a ♡i♡ s y 🌼

息子*小学校3年生 あゆみ

今日は息子小3のときのあゆみと成績。

 

小1〜2のあゆみ・成績と大まかな成長の記録はこちら。 

www.daiiiisyhome.fun

www.daiiiisyhome.fun

 

 

小学3年生になって、担任の先生が変わりました。

昨日も書いたように小学2年の頃は大ベテランの先生。

とても冷静で親の私にも息子との向き合い方を指摘し、私の態度も考えるキッカケをくれるような先生でした。(私、苦手だっけどね。)

 

小3に当たった先生は優しくて朗らか、生徒を認めてくれて少しのケンカや問題は生徒で解決させ、少しの事では電話がかかってくる事はなくなりました。

 

私は去年の先生に息子との向き合い方を考えさせられてから、それまで保育園〜小学1年まで必ず出ていた学級懇談会を欠席するようになりました。

多分、ほかのちゃんとしてる親御さんを見る勇気もないし、何よりまた先生に何か指摘されるんじゃないかと言う気持ちが強くて。

行きたくなかったのが本心です。

 

 

息子*小学校3年 あゆみ

f:id:fanfan-animals:20180721165600j:image

f:id:fanfan-animals:20180725080707j:image

 

学習面では評価が3段階に分かれました。

私は正直、息子の学習能力を買っていたので"98%普通"の成績にマジか!お前、普通なのか!と突っ込んでしまいました(笑)

ぷぷ(^_^*)いいじゃないの!ねぇ。普通で(笑)

 

生活面はだらしなさが露呈(そらそうだ!)

 

でも、"仲良く力を合わせて行動できる"の欄が"もう少し"ではない!

 

これは本当に大きな喜びでした。

 

とは言ってもまだ去年から1年しか経ってなくて。

ケンカも勘違いからの小さなゴタゴタも、ちょっと待てよと言いたくなるケンカもたくさんありました。

ちょうど3年生の頃、息子が遊びから帰ってきたら、全身ずぶ濡れで砂まみれ。

"どんな遊び方したらそうなるのっ?‼︎"

と玄関で強めに聞いたら。

涙を我慢しながら、

"(仲の良くない)友達にやられた。しかも相手の兄弟とその友達も加わって5対1だった"

 

もー。ぼーぜんとしたんだけど。

私も大ごとにはしたくないし、取り敢えず息子に聞いてみた。

"それで、やり返したの?言いたいことは言えたの?"

"うん、でも、かなわんかった"

"気は済んだ?"

"うん"

"なら、ケンカ上等!お風呂入れーーー!"

 

と終了(笑)

 

夜、旦那に話したら。

息子に"やられたんかーっっ(笑)"と笑って話していて。

私たちがケンカしたことを咎めなかった事も、負けたことをしょーがねぇ!って受け入れた事も何だか我が家らしくて。

息子もだって、あっちはねーと悔しそうに話してくれて、まぁそれはそれで良かったのかなと思いました。

 

でも、学校内でも誰かにやられて、周りの数人が息子を押さえつけてやりやすいようにしたとか何とかかんとかが…あって。

さすがに学校内の事で、先生に言おうかと思ったんだけど息子に"先生は知ってるの?"って聞いたら"知ってるしもうみんな謝った"と言う言葉を聞いて、何も言わずにスルーしました。

多分、息子自身にも原因が少なからずあったんだと思います。それを彼も分かっていたのでしょう。

 

この頃…違うか。今もですが。

私自身、子供たちがケンカや考え方、物事の捉え方の違いからぶつかる事は成長の証で。

優等生で誰にも迷惑をかけずに大人になる事が良い事だとは思っていません。

 

小学生、中学生、高校生時代にその経験をし。

解決法や対処方法、苦手な人に対する付き合い方、距離の取り方を学んで大人になるのが理想だと思ってるので。

 

息子は成長の過程で、こんな事が起こっても対処できるようになったじゃん、やるなー、お前!とか。

対処できなくても、頭では分かってたじゃん、次からはじゃぁどうしようか…みたいな話ができるようになったのがこの頃で。

じゃ、これは全く理解できんから学校に言おうか?とか起こった事に対して親子で話すことを始めたのもこの頃です。(結局、こちらから学校に申し出た事は1度もないんだけど)

その話をするだけで子供は落ち着くんだなと私にも気づきがありました。

 

私自身、去年のベテラン先生に向き合い方を指摘されて親としてのちっぽけなプライドが傷ついてたけど。

あの時気づかされて良かったのだと今は思います。

 

…で、自分ばかりバカにされる!と憤慨してた息子は3年生で起こった事を考えるとやっぱり少し何かの標的にされてたのではないかと思いました。

 

結局は何とか気持ちの落とし所を見つけて乗り越えた息子ですが。

2年のあの時の息子の気持ちを考えると、本人がどうしたいかも聞かずに、思い違いかもしれないよ…と諭した私の言葉は彼を傷つけたのではないかと思っているのです。

 

全国標準学力テスト

f:id:fanfan-animals:20180721165631j:image

ここから、国語力がないのが露呈。

未だ、国語に苦しむ息子。

 

まだ小さなお子様がいる親御さん…

ゲームやテレビを与えれば大人しく手がかからなくなるそこのお子さんに読書の習慣をつけるのは今ですよ…(心から言ってる)

 

でも、心の成長を感じる事ができた小3時代。

98%普通の成績でも、まぁ、良しとしよう。