デイジーの咲く家で

🌼d a ♡i♡ s y 🌼

豪雨とか水害とか、日々のあたりまえとか。

まず始めに。

この度の西日本豪雨災害により被害を受けられた皆さまへ、謹んでお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

こんにちは。

当地広島県は、この度の豪雨により広範囲での被害がありました。

 

私の住んでる地域や家族の行動範囲内では当初、さほど大きな被害はなく隣の駅周辺や少し山側の地域に大きな被害が見られ心を痛めていました。

…とは言っても、やはり雨はたくさん降ったため直接的な家屋や人的被害はなくても。

道路の崩落、陥没、崖崩れずれなどは生活範囲内であちこちに見られました。

 これは、最初の雨の当日に崩落していた川の側の歩道。

f:id:fanfan-animals:20180719141024j:image

左に見えるフェンスは普段なら子供が大勢集まる公園なのですが、そこもがっつり川土手が崩落していました。

 

やれやれ。たくさん降ったけどこの辺は人や家に被害がなくてとりあえずはよかったよね。って話してた2日後。

 

仕事中に携帯から緊急警報が鳴り響き。

近くの川が氾濫したから、高い所に逃げて下さいとの案内。

 

ちょっと待て。その川、思いっきり子供の学校の側やん:;(∩´﹏`∩);:

げぇぇっぇぇ。

と、会社に留まるか、家に帰って子供のところに行くか迷ったけど。

とりあえず氾濫の状態をテレビとTwitterで確認。

今なら家までたどり着ける!

と、判断して速攻退社して。

マッハで帰って。

断水に備えて、ふろ水を溜めて(サイレン鳴りっぱなし)

準備していた防災バッグから、適当に食べ物をエコバッグにぶち込んで(重すぎてもてなかった)

www.daiiiisyhome.fun

 これは、何ともつい最近チェックしたばかりで本当に良かったと思った瞬間だったよ。

 

まずは小学校へ避難。

娘確保して。

次は中学校へ。

ただ、外に娘を出したくなかったので一旦避難所に娘を預けて。

中学校へ行けるルートを調べて(その時点でいつもの道は冠水していた)

f:id:fanfan-animals:20180719141046j:image

これ、川の幅は普段なら建物側から真ん中の白いガードレールまで。

右側のガードレールから真ん中あたりのガードレールまでは道路(本来はあれが川と道路の境目)

 

ここを迂回して中学校で息子確保。

どうする?家の裏まで泥が来てるけど、避難する?家に帰る?とか息子と話しながら旦那が帰るまでは避難所に居ようか…と小学校にとどまった。

 

 

結局のところ、家の周辺あたりで川の水と泥が流入は留まり。

やれやれと思って眺めたのがこの光景。

f:id:fanfan-animals:20180719141102j:image

泥の流入の最後の地点。

この道の先まで流入してたら町のメイン通りが泥だらけになって大変だったと思うわ。

ここでとどまったことも不幸中の幸いだったし。

いきなり晴れてる時に起こった土石流の土砂と堆積物と流木が山側の橋で引っかかったことが幸いして。

小学校に水が1滴も流入しなかった。

 

もし、一つ下の橋でひっかかってたら。小学校から児童を出すのが難しかったと思う。

 

土砂と堆積物が引っかかった近隣の方は本当に大変だとは思うのだけど。

子供たちに何もなくて。

その橋の隣にある地域の神様に助けられたのかもしれないと思いました。

 

 

その後、話を聞くと。

川に流入した堆積物によって、川底はかなり上がっていて雨も降らないのに水面が下がらない。

これ、川底をごっそりすくって土砂を取り除かない限り、雨が降ったらあぶないじゃん!

 

って噂になってた川底を24時間体制で作業してくれてて。

こーーーーーんなに土砂が出てきたようです。

f:id:fanfan-animals:20180719141115j:image

これ、小学校の運動場ね。

そりゃーこんなに土砂があんな細い川に堆積してたら、川の水もあふれるわね。

 

でも、ここ、小学校。

今、広島はどこもかしこもこんな光景ばかりで仕方ないとは思うのだけど。

こんな山からの土砂だらけの学校には行かせたくなくて。

でも、この状況で土砂をよそへもっていってくださいなど。

思っても言えません。

だって、被害の大きかった場所はこんなもんじゃない。

 

とりあえず。もう少しで夏休み。

その間に片づけてることを祈るばかりです。

 

そして、我が家のライフラインの寸断はなかったものの。

主人の実家はやっと昨日断水が解除。

でも、今はまだ濁った水が出るようで。

料理はもうしばらくできないんですねって母に言ったら。

それでも嬉しいんよ(*´▽`*)

と言われました。

 

もう90代後半のおばあちゃんを抱えての断水はしんどかっただろうと思うし。

崩れた裏山と家の裏にある土砂は手つかずだけど。

皆が無事にライフラインの復旧まで耐えられたことに感謝。

 

とりあえず。

我が家は元気です(^^)v