デイジーの咲く家で

🌼d a ♡i♡ s y 🌼

スポンサーリンク

古くても羽毛。

お子様をお持ちのご家庭では、いつまで親子が一緒に寝るのだろう。

 

我が家では同じ部屋で大人用の敷布団2枚に私と子供2人が寝ている。(旦那は優雅に1人で就寝。)

と、言うか。

1枚は昔から息子1人。(…彼の部屋が汚すぎていつの間にか同部屋に)

1枚に私と娘が寝ている。

 

加えて我が家にある敷布団は4枚。毛布・掛け布団は3枚と言うアンバランスさ。

 

ちょうど娘が1年生に上がる頃。

"ウチ、自分の部屋で1人で寝てみたい"と言われて。

"ムリムリ。絶対私のとこへ帰ってくるわ( ̄∇ ̄)"

と思いつつ、もう掛け布団もいらない季節だったので。

"どうぞぉ〜(´∀`=)ノ"

と隣の部屋へ送り出した。

 

その日の夜中に戻ってきた。

 

2年生になって。

また同じセリフを言われたけど。

 

今度は彼女の部屋の端に布団を敷かされ。

私の布団を隣の部屋の端に敷かされ。

 

襖を開けて私の手を握って寝ていた。(掛け布団は共用なのでほとんど一緒に寝てる。)

 

3年生になって、夏に地震が続いた頃。

また同じ部屋で1枚の布団に寝るようになった。

 

で。この間。

息子が中学に上がることで何か意識が変わった娘。(何でこっちの意識が変わるのか息子よ)

 

とうとう。

"もう1人で寝たいよ(泣)"

 

と泣いた。

泣くか?泣くほどか?

 

言うとくけどね。淋しくて泣きたいのは私の方よ(子離れして。)

 

でも、もう4年生。

しょーがねぇ!と。

昨日、近くのショッピングセンターにて掛け布団を物色へ。

 

時期的に冬物も最後の今、がっつり割引をしていたけど。

私の目的は程よく割引されていて、長持ちしそうなモノ。

 

でも、安いものはやっぱり見るからに暖かくはなさそうで。

 

懐の諭吉おじさんと一葉おばさんと英世おいちゃんに相談…。

 

すると店員さんから声をかけられて。

お勧めされるがままに導かれた羽毛布団の前。

"子どもに羽毛なんて!要らんわー!"

って心の中で叫んだのだけど。

押しに弱い私。

とりあえず話だけ聞いてみる。

 

店員  ぺらぺらぺらぺ…こそこそこそこそ…

私      へぇーーそうですかぁ(棒)

          え?え?えぇぇぇぇΣ(・□・;)

 

何と。チラシの掲載ミスで(これ、書いて良いのかしら?)

元値が  42984円の西川の羽毛掛け布団が。

チラシ掲載  32184円→半額で16092円

                      ↑

                 これが間違い。

 

しかーーーも。

私はその場で店のアプリをインストールしたので20%OFFのクーポンが手中に。

 

いくらになる?

カタカタカタカタ。

い、いち、12873円…

ダウンダック90%の羽毛掛け布団が約70%OFF!

 

私が日常で絶対買わないであろう4万!4万overの羽毛掛け布団が!!(しつこい)

 

しかも。ミス!マジか!ありがトゥ!!

 

既に来月の支払いが大ピンチなのは重々分かっているが。

 

掛け布団が必要なタイミングでこんなチャンス。ある?

 

しかも。安いのは暖かくない!多分!もうそう言う風にしか見えない!

 

…ってことで。

プルプル手を震わせながらカードを渡して。

 

ご購入。

しかも2枚。(もうクタクタ掛け布団は捨てる)

と。6458円の西川の綿入り毛布も半額→20%クーポンを利用して2583円。

 

来月の支払いが増えて。息の根が止まりそうになりながら。

 

買い込みました…。

 

因みに。

このお高いお布団。

子供に行くはずもなく(笑)

私たち夫婦がしっかりget。

子供たちは私たちのお下がりの古い羽毛布団をピクピク笑顔でget。

 

古くても羽毛は羽毛じゃ!

 

娘が1人で寝てしまう淋しさを感じながら。

私は新しい布団に包まれ、来月の支払いを乗り越えられるという素敵な夢に包まれるのです(そろそろ私危ないです)

 

なけなしの貯金が底をつくのは目の前(白眼)

 

☆ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ