デイジーの咲く家で

🌼d a ♡i♡ s y 🌼

スポンサーリンク

4月のお誘いに御用心。

 

昨日、記事に"旦那の過去を清算"なんて大そうなタイトルをつけたために、アクセス数がいつもの2倍に。

 

何と言うか…期待に応えられず申し訳ない( ̄▽ ̄;)

 

本日、娘の終業式。

そして1年続けたスポーツクラブに退部を申し出に行く。

 

5歳から続けてたダンスを辞めてまでやりたいと始めたスポーツですが。

親の関わり方が濃いクラブで。

私の方が先に根を上げてしまった。

 

突然入る週末の試合予定。

要請される送迎。

順番で回ってくる係の仕事。

 

\٩(๑´-`)۶//ワタシ、ドニチ、シゴトだYO!

 

そう考えると世のアスリートのご家庭の貢献度はいかほどか。

金銭的余裕はもちろん。時間的余裕と。他者に貢献できる広い心と。子どもを支える強い意志。

 

私は持ち合わせていなかったようだ(白眼)

 

とりあえず1年続けてみた娘さん。

"ダンスに戻りたい"

と言うてきた。

 

"1度決めた事をやり切りなさい。"

 

そう言ってやるのが親としての姿なんでしょうが。

 

大歓迎だ(涙)

 

しかも夫婦して諸手を上げて喜んでいる(マンセー

 

しかーーーし。

 

娘。

鬼コーチに、辞意を伝えるのにビビっている。

 

私。

保護者会代表さんに報告で胃がキリキリしている。

 

始めるのは簡単。

辞めるのはしんどい。

 

今日の鬼コーチへの辞意の報告で。

娘がそれを実感することを祈って。

(怒られてこい怒られてこい怒られてこい)

 

ま。言い訳のように書きますけど。

娘さん。

ダンスがやりたくて仕方なかったんです。いや。だから飽き性のあの子が5年も続けてたんだと思うけど。

さすがにもう辞めないだろう。(と、思っている)

 

今度ダンス辞める言うたら。

腰抜かすわ。

 

そして育て方を反省するわ。

 

因みに。

十分に保護者会の務めを果たせずクラブを1年で辞めさせることに関しては心から反省している。

でも、先にクラブと親の関わり方を細かく伝えて欲しかったと言うのが本音(ごめん)

 

もうすぐ4月…。

たくさんのお誘いの前には下調べと家庭に合った取捨選択が肝心なのです(胃が。胃が。)

 

 

☆ランキングに参加しております。クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ